試合会場レポート

試合番号141

開催日2021/11/12

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 墨田区総合体育館

観客数:850 開始時間:19:00 終了時間:21:02 試合時間:2:02 主審:服部 篤史 副審:浜野 陽一

FC東京

監督 真保 綱一郎
コーチ 橘 裕也
   
通算 2 勝 7 敗
ポイント 9
1 25 第1セット
【0:33】
27 3
15 第2セット
【0:23】
25
28 第3セット
【0:31】
26
20 第4セット
【0:26】
25
第5セット
【】

JTサンダーズ広島

監督 原 秀治
コーチ 古田 博幸
   
通算 3 勝 6 敗
ポイント 10

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今シーズン最初のホームゲームで応援いただき、ありがとうございました。
 JT広島のサーブにプレッシャーをかけられて、なかなか機能させることができませんでした。
 明日はホームでの初勝利をファンの皆さんにお見せできるように、しっかり準備していきます。
 本日はありがとうございました。明日もよろしくお願いいたします。

25
  • 栗山
    (山田(大))
  • クヴァーレン
     
  • 手原
     
  • 長友
     
  • エスペホ
    (谷口)
  • 武藤
    (小田嶋)

1


  • 中島
    (井上(慎))
  • 坂下
     
  • エドガー
     
  • 金子
     
  • 新井
    (山本)
  • 小野寺
     
27

リベロ:

古賀

リベロ:

西村

15
  • クヴァーレン
    (黒田)
  • 長友
     
  • 武藤
    (小田嶋)
  • 栗山
     
  • 手原
    (玉宅)
  • エスペホ
     

2


  • 中島
     
  • 坂下
     
  • エドガー
     
  • 金子
     
  • 新井
    (武智)
  • 小野寺
     
25

リベロ:

古賀

リベロ:

西村

28
  • 武藤
    (小田嶋)
  • エスペホ
    (谷口)
  • 手原
     
  • 長友
     
  • クヴァーレン
     
  • 栗山
    (山田(大))

3


  • 中島
    (井上(慎))
  • 坂下
     
  • エドガー
     
  • 金子
     
  • 新井
    (武智)
  • 小野寺
     
26

リベロ:

古賀

リベロ:

西村

20
  • 柳町
    (長友)
  • 山田(大)
     
  • エスペホ
     
  • クヴァーレン
     
  • 武藤
    (小田嶋)
  • 手原
     

4


  • 中島
     
  • 坂下
    (陳)
  • エドガー
     
  • 金子
     
  • 新井
    (武智)
  • 小野寺
     
25

リベロ:

古賀

リベロ:

西村


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もたくさんのご声援をいただきありがとうございました。
 ディフェンスの良いFC東京に粘り負けすることなく、最後まで全力で戦うことができました。
 今日の良かったところ、悪かったところを継続、修正し、明日に臨みたいと思います。

<要約レポート>

 7位FC東京と8位JTサンダーズ広島の今シーズン初対戦。
 第1セット、JT広島が先行するが、FC東京はクヴァーレンのサービスエース、エスペホ、手原のブロックで早い段階で追いつく。一進一退の中盤の末、キャプテン小野寺の2連続ブロックでJT広島が抜け出したように見えたが、FC東京は手原のライトへのトスがきっちりアンテナまで延び、長友がストレートへスパイクを立て続けに決め、さらにノータッチサービスエースでデュースへ持ち込む。しかし、JT広島は気持ちを切らさず最後は坂下が決めきった。
 第2セット、エドガーを中心に攻撃を組み立てるJT広島が徐々にリードを広げていく。小野寺の前を狙うサーブも効果的に相手を崩した。完全に波に乗ったJT広島は途中出場の武智も活躍する。坂下にフェイクトスを上げたかと思えば、最後は自らがバックアタックを決めてセットを連取した。
 第3セット、このままJT広島の流れかと思われたが、FC東京の気持ちは折れていなかった。終始リードされていたが、リベロの古賀は落ち着きを放ち、チームを支えた。エスペホのバックアタックで23‐23の場面で追いつき、途中出場の山田(大)が値千金のブロックを決めて遂に逆転する。最後も山田(大)がサービスエースを決め、FC東京がセットを奪取する。
 第4セット、JT広島は若いメンバーが活躍を見せる。坂下、新井は思い切りの良いスパイクでチームに勢いをもたらし、リベロの西村は反応の良さが素晴らしく、ボールを簡単には落とさない。対するFC東京も新人の山田(大)が気を吐き、スパイクにサーブに活躍する。しかし、セッター金子の頭脳的なプレーと小野寺のサービスエースによりゲームセット。JT広島は連敗を見事な試合で止めることに成功した。