試合会場レポート

試合番号148

開催日2021/11/14

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : パナソニックアリーナ

観客数:1439 開始時間:14:05 終了時間:15:38 試合時間:1:33 主審:山本 和良 副審:西中野 健

パナソニックパンサーズ

監督 ティリ ロラン
コーチ ヴィンセント ピシェット
   
通算 6 勝 4 敗
ポイント 20
0 24 第1セット
【0:27】
26 3
15 第2セット
【0:22】
25
31 第3セット
【0:38】
33
第4セット
【】
第5セット
【】

堺ブレイザーズ

監督 千葉 進也
コーチ 長江 祥司
   
通算 8 勝 2 敗
ポイント 23

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 試合スタートが非常に悪く、安定したプレーができていなかった。堺ブレイザーズは、ブロックとアタックが強かった。
 第3セットに私たちに流れがきたかと思ったが勝つことができず、タフな試合となった。
 ご声援ありがとうございました。

24
  • 小宮
    (新)
  • クビアク
     
  • 大竹
     
  • 深津
     
  • 仲本
     
  • 山内
     

1


  • 迫田
     
  • 深津
     
  • 松本
     
  • 出耒田
    (山口)
  • バーノン
     
  • 高野
    (小池)
26

リベロ:

永野

リベロ:

山本

15
  • 深津
    (新)
  • 山内
     
  • クビアク
    (渡辺)
  • 仲本
     
  • 小宮
     
  • 大竹
    (清水)

2


  • 松本
     
  • 迫田
     
  • バーノン
     
  • 深津
     
  • 高野
    (小池)
  • 出耒田
    (佐川)
25

リベロ:

永野、伊賀

リベロ:

山本

31
  • 山内
     
  • 渡辺
     

  •  
  • 清水
     
  • クビアク
     
  • 小宮
    (白澤)

3


  • 迫田
     
  • 深津
     
  • 松本
     
  • 出耒田
    (山口)
  • バーノン
     
  • 高野
     
33

リベロ:

伊賀

リベロ:

山本


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今日も難しい試合となりましたが、昨日の敗戦からきちんと修正して対応し、最後はチーム全員で取り切ることができました。
 この流れで勝利を重ねられるよう頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 昨日に続く大阪ダービー2戦目は、堺ブレイザーズがパナソニックパンサーズに勝利し、8勝目を挙げた。
 堺は序盤から迫田の堅実なレシーブや出耒田のブロックが光り、徐々に点差を広げる。パナソニックもクビアクのスパイクや山内のブロックなどで応戦し、デュースに持ち込むが、最後は堺の松本がブロックを決め、第1セットをもぎ取る。
 第2セットに入ってからは、堺のセッター深津がバーノンの強烈なスパイクを中心に多彩な攻撃を展開し、リードを広げる。最後まで主導権を譲ることなく堺がセットを連取する。
 第3セットも序盤から堺は松本の速攻などで優位に試合を進めるも、パナソニックはこのセットから先発起用された清水が次々とスパイクを決め、終盤に追い上げを見せる。またもデュースとなり、両チーム一進一退の攻防が続く中、パナソニックの猛攻に対し堺はリベロ山本を中心にボールをつなぎ、高野がブロックを利用したスパイクを決め、必死に食らいつく。4回目のマッチポイントを迎えた堺は最後、迫田が気迫のあるスパイクを決め、アウェイゲームの中、首位の意地を見せつけた。