V LEAGUE

NEWS

【V1男子】今週の見どころ(11/27-11/28)

コラム

2021.11.24

11/27-11/28 見どころ/V1男子


各地で今シーズンの順位を占う好ゲームが開催
 

 先週末は秋田市会場での2試合のみが行われたV.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)。ジェイテクトSTINGS(6位)のホームゲームとして開催された中、初日は大分三好ヴァイセアドラー(9位)がフルセットの競り合いを制して今季2勝目を獲得した。これにより7位FC東京、8位JTサンダーズ広島(いずれも3勝7敗)と大分三好(9位・2勝8敗)の勝敗数がより近づいた状態で、今週末の戦いを迎える形となる。

 浮上を狙うJT広島は、その大分三好のホームに乗り込んでの連戦。当然土日での2連勝を視野に入れつつ、最低でも1勝1敗でアウェーの戦いを乗り越えたいところだが、コート内に新人選手の多いJT広島が2日間を通して安定した力を発揮するためには、キャプテン小野寺太志のリーダーシップも一つのポイントとなるはず。



 上位どうしの対戦に目を転じてみると、首位の堺ブレイザーズはホーム和歌山大会でウルフドッグス名古屋(4位)と対戦。ネットのはるか上空から打ち合う外国籍選手たち、堺のシャロン,バーノンエバンズ(最高到達点382㎝)とWD名古屋はクレク,バルトシュ主将(同370㎝)の激突に加えて、世界を相手に堅実なフロアディフェンスで日本を支えている山本智大(堺)と小川智大(WD名古屋)のリベロ対決にも注目。

 



 また東京都の大田区会場ではサントリーサンバーズ(2位)にパナソニックパンサーズ(5位)という、昨季ファイナルと同カードの対戦が行われる。両チームとも大阪がホームで、例年やはり関西圏の試合が多いだけに、関東方面のファンにとってはうれしい機会となるだろう。

 27日(土)はでの放送も予定している。


 

 その他の2会場では、それぞれ別カテゴリーの試合(V1、V2女子)との同時開催。松本市総合体育館(長野県)でVC長野トライデンツ(10位)対ジェイテクト(6位)、静岡市会場では東レアローズ(3位)対FC東京(7位)が行われる。

 年内の熱戦も、今週末を含めて2週間を残すのみとなった。各チームは来年をも見据えつつ、納得のいく形で年を越せるよう全力でぶつかり合っている。そんな中でも、選手起用を含めたさまざまな戦術・戦略面のかけひきを想像しながら観戦してみると、また違ったおもしろさが見つかるかもしれない。

 

<前試合の振り返り>
ジェイテクト vs 大分三好

<11月21日現在の順位>


<BACK NUMBER>
【コラム】V1男子今週の見どころ(11/20-11/21)